journal standard Furniture

時流を加えたファッションのようなスタイルを提案するJOURNAL STANDARDのインテリアショップ。

ヴィンテージを今に解釈したスタンダードなオリジナルアイテムと、
トレンドが感じられる国内外の旬なブランドを組み合わせたテイストミックスのスタイルを提案します。

読んで字のごとくファッションブランドJOURNAL STANDARDの衣食住の住のパートを担っているブランド。創業12年目。現在は関東に4店舗、大阪、福岡に1店舗ずつ計6店舗を直営で運営しております。
ファッションブランドの背景を強みとしたソファなどの張り地(たとえばデニム)やラグ、カーテン、クッション、ブランケットのファブリックアイテムが、ほかのインテリアショップに比べ充実とした品揃えになっております。
2019年は今までのインダストリアルテイスト(工業製品のようなデザイン)の家具の機能性(たとえば、スマホを置くだけで充電ができるテーブルや、USBポートがついたソファなど)をプラスしたものをコンセプトに都市生活者に向けた商品をリリースしております。
家具や雑貨を販売するだけでなく、マンションのリノベーションやライセンスビジネスなど異業種の企業とパートナーシップを組み様々な展開をしております。今年の3月からは新築の戸建てをプロデュースする取り組みもはじめております。
既存のインテリアブランドにはない幅広い取り組みをおこなっております。